下半身太り!足痩せダイエット方法!!

MENU

下半身ダイエットをする前に

下半身太りは様々な原因で起こります。

原因ごとのダイエット方法を紹介しますので、自分に合った方法で無理のないダイエットをしましょう!

 

はじめに、下半身太りの原因を紹介します。
カテゴリの「下半身ダイエット方法」の中に原因ごとのダイエット方法がありますので、原因が分かったらその中からダイエット方法を確認しましょう。

原因@骨盤の歪み

骨盤が歪むと下半身太りの原因になります。

 

筋力が低下して太くなる!
骨盤の歪んだ状態が続くと、筋肉のバランスが悪くなって筋肉が疲れてしまい、そしてリンパの循環や血流が悪くなり筋力が低下してしまいます。
筋肉が低下すると、エネルギーの消費率が悪くなり脂肪がつきやすい体質になります。
とくに、歪んでいる骨盤周辺の筋肉はとても疲労しているため、太もも、お尻、お腹に脂肪が蓄積されやすくなっております。
さらに、血流が悪いと冷え性の原因にもなります。

 

 骨盤の歪みをチェックしましょう

 

□ 靴底の減りが左右で違う
□ 鏡で映っている肩の位置が平行でない
□ かかとをつけたままの状態でしゃがむことができない

 

いかがでしたでしょうか?
1つでもチェックがついた項目があれば骨盤が歪んでいる状態ですので、骨盤の歪みを改善しましょう!

原因A浮腫み

浮腫みとは体内の余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰に溜まっている状態で、この状態になると足がパンパンになってだるくなったり、痛くなったりします。

 

下半身が浮腫むと血液の循環やリンパの流れが悪くなってしまい、その結果、下半身に老廃物が溜まった状態になってしまいます。浮腫んでしまうと下半身はどんどん太くなります。
さらに、浮腫みをそのまま放っておくと溜まった老廃物が流れなくなり、太くなったままの状態が続いてしまう場合があります。
とくに女性は男性に比べると筋肉量が少ないため、リンパの流れが悪く浮腫みやすい場合が多いです。

 

 下半身の浮腫みがあるかチェックしましょう

 

足首の少し上、または、ふくらはぎを指で30秒間押さえます。
指を離した後に、押したくぼみがしばらく残れば下半身が浮腫んでいる状態です。

原因Bセルライト

セルライトとは、皮下脂肪組織が脂肪や老廃物、水分を溜め込み肥大化した状態の脂肪細胞のことで、見た目で判断できるセルライトは皮膚の表面がデコボコしているのが分かります。
皮膚のすぐ下にある脂肪組織にセルライトはできるため、痩せている人でもセルライトはあります。ただ、痩せている人はセルライトの数は少ないため、見た目では分かりません。
セルライトは一度できると普通の脂肪よりも、除去するのに時間が掛かります。
また、下半身は上半身よりも水分などの排泄がスムーズでないためセルライトはどんどん蓄積されやすく、そしてなかなか除去できないので下半身は上半身よりも太くなりやすいのです。

 

 どの程度のセルライトができているかチェックしましょう

 

□ 皮膚の表面にデコボコした部分がある
□ アザできやすく、治りにくい
□ 足が浮腫みやすい

 

いかがでしたでしょうか?
1つでもあてはまった項目があれば、セルライトが進行している可能性が高いので、対策を行いましょう!